ソファー通販のGOUCH

ショッピングカート
  • GOUCHの魅力
  • 生地へのこだわり
  • 職人紹介
  • 製造工場
  • 豆知識
  • 取扱い店
  • 会社概要
豆知識

すがおのGOUCH~NO.3 裁断職人『北本奈緒美』

2013年11月29日

 

title

GOUCHの工場で働く職人の仕事への思い、すがおをインタビューして紹介していきます。

             第三回目の職人は・・・北本 奈緒美さんです。

kt01

    【プロフィール】

名前:北本 奈緒美(きたもと なおみ)

作業内容:

裁断(絵描き担当) 張地を機械で積んで切る前の工程。型紙を資材の上に置いてその型を絵描きする作業。 1本のみの場合は、手切り(ハサミで裁断)を行う。 (数本同じソファを作るときは、裁断担当が本数分の張地を重ね一番上に絵描きされた張地を乗せ裁断機で切る。)革の絵描き、裁断作業も行う。

職歴:7年

誕生日:5月20日 王貞治と一緒(笑)

血液型:B型

趣味:妄想(宝くじ購入時は特に!)

 

Q1、この仕事についたきっかけを教えてください。

お子さん同士が同級生の友人の紹介でこの仕事についた北本さん。

「全く経験がなくって、主婦になる前は事務職だったので。工場関係は本当に初めてでした。」

入社後すぐ裁断担当につき、1、2年後には縫製のミシンも経験している。

「(ミシン歴の)1年間でさわりをさっと踏んでたんですけど、ちょっと難しい部分まではやることはできずに。」 ミシン経験は1年間ほどだけだったが、その経験を活かしミシンの人が仕事しやすい段取りなど気配りをしてくれている方だ。

実際、未経験からの工場勤務ではあったが、 「多分自分的には、事務職よりも長く続いてるってことは向いてるのかな?と思います。ふふっ(笑)」 と、現在職人歴8年目の北本さんは笑顔で話してくれた。

kt05

ただ、友人・知人からどんな仕事をしているの?と聞かれたときに、 「一言”裁断”って言ってもぴんとこなくって。裁断って?って言われたときにどう説明したら分かりやすいかな?って思うんだけど。 結局、説明が・・・笑」とちょっと困ってしまうと言う。

裁断の絵描きとは「出来た型紙を張地の上に置いて、その型をペンでなぞっていく作業」と一言で言ってしまうと単純な作業に見えるが、 汚れや傷のチェック・生地の流れなど、最終的にお客様が直接肌に触れる部分の選定をしている重要な場所である。

 

 

 

Q2、仕事の中で一番難しいと感じることは何ですか?

決まったメーター数の中に無駄なく描くこと」は難しいという。 その中でも「やっぱり一番難しいのは規定外(のもの)。基本のものってあるじゃないですか?それ以外の特注サイズになると時間もかかるし 一回ずつ計りながらってのが難しいところです。」

基本の形のものは、頭に入っている感覚で無駄なく置いていくことができるが、 特注サイズになると無駄なく置くためにどう置くのがベストか悩むそうだ。

kt03

また、北本さんは革の絵描きもやっている。

「革は、やっぱり無駄なく置きたいんですけど、どうしても傷とか皺とかあるのでその部分をどかしながら、なおかつ 座面には固い部分を使おうかとか。厚みが違ったりするので、柔らかいところを使うものもあるのでそういうときは柔らかいところを 探して使い分けてる・・・つもりではいるんですけど(笑)」

最後は、照れて「つもり」という言葉が付け加えられたが、形も大きさも傷の入り具合も1枚1枚違う革の絵描きで傷を避けて無駄なく取るだけでなく 、革の柔らかさや伸び具合も考えてとることができるのは経験と技術の賜物である。

そこまで話していた後で、忘れられていた強敵がいた。

あっ、ストライプ!!一番難しいのストライプですね(笑)

ストライプや柄合わせが必要な張地は、どのパーツとどのパーツがどこで縫い合わさるのかをきちんと理解していないと絵描きをすることはできない。

型紙から縫い代分を計算して、縫い合わせた時にぴったりと柄が合うようにと場所を決めなくてはならず、 実際にソファが完成するまで毎回ドキドキするのだろう。

 

Q3、作業内容で注意している点やこだわりを教えてください。

効率のいい方法で、とは常に考えているんですけれど。資材の汚れと傷とかをチェックしながら。 あとは周り!全体がどういう風に仕事が進んでいるのか、やっぱりそれを見ながら次の人に仕事を渡してあげたいので 、その辺を一応考えながら・・・心がけながら作業を進めているつもりでいます。」 と、会社の誰からも慕われる北本さんの気配りが見えるこだわりを教えてくれた。kt07

次の人とは、裁断機で数本分の張地を積んで北本さんが絵描きした線に合わせて切る=裁断担当の人と、 一本ものをハサミで切る=手切り担当の人(※これはいる日と、北本さん自身が手切りまで行う日がある)のことだという。

「両方の手が空かないように振り分けてあげようと思うので、その人達(の仕事の進み具合)を見ながらとか。」

また裁断・ミシン場全体の様子を見て、「やっぱりミシンもどこまで進んでいるかな?というのを頭に置きながら、 裁断機で切ってもらうのも『次、これにして。』っとか。」と指示を出すこともある。

「裁断のペースもあるんで、裁断で切ったものを(順番に)ミシンでっていう場合もあるんだけれども・・・その辺はね、やっぱり臨機応変にやっています。」

裁断・ミシン場がいつもスムーズに仕事をこなす陰にはこういった北本さんの努力があるのかもしれない。

 

Q4、人生において、仕事でもプライベートでも良いので、楽しみや生きがいは何ですか?

質問に対し最初は「模索中かな・・・」と答えた北本さん。

しばらく考えて、「子供たちが大きくなっていって、これからどんな将来があるのか?それを見ていくのが生きがいです。ふふふ(笑)」と優しいお母さんな一面を見せてくれた。

20代と10代で三人のお子さんがいる北本さん。 趣味の『妄想(笑)』もそんな子供たちの将来を想像することなのだろう。

なんか色々考えてます。楽しいことを。 宝くじは、たまにしか買ってないけど当たったらどうしようって。

常に妄想してるってことで。 子供の成長を妄想。仕事中も常に妄想しているってことで(笑)」

妄想=想像力豊かな北本さんは、絵描きをしながらも「このソファはどんな人が買ったのかな?」と考えているそうだ。

 

また仕事での楽しかった(?)思い出として、

「昔ね、革用の裁断機でちっさいのがあったんですよ、小型の。あれを使って切ってたんだけど、一緒に線(裁断機からコンセントにつながるコード)も切れちゃって、ショートしちゃって(笑)  でね、当時の職長が、その線をつなげてくれて。でも、その線(のつなぎ目)が三か所くらいあって!!!『あ、何人かやったんだな。』っていう。」 と他にも同じ失敗をしてしまった人がいてほっとしたというエピソードも教えてくれた。

 

Q5、あなたが使っている道具を教えてください。

「ほとんど油性ペンと鉛筆ですね。黒ペン、赤ペン、白ペンで。」

「よっぽどの時は(張地の)表側に描くんですけど、ほとんど裏側に描くので見えやすい色(のペン)を使って描いてます。」 表側に描くのは、Q2で一番難しいと答えた「ストライプ!!(笑) とか、模様合わせがあるときとか。 あまりにも傷が多い資材使う時とか。表側チェックして裏側でまたチェックってやると時間が凄いかかっちゃうので、表に書いちゃいます。」

kt08

試作や特注部で一本作成するときは表側に描くことが多いのだが、GOUCHのソファのラーゼンのような左右非対称なソファの場合、 そこで出来上がった型紙を裏側に描くとき「右左も最初の頃はわからなくって・・・。型紙に右左って書いてて、置いた時に裏側が右?左??」と慣れるまで苦労したそうだ。

カバーリングソファの中側に使う「白布とかに描くときは鉛筆で。」 油性ペンでは、縫製した後でも線が透けて見えてしまうからだ。 その他には、「特注もので間違えても書き直しできるように、メーター数ぎりぎりの時は鉛筆で書いたりしますね。」

ちなみに白ペンは革に絵描きするときに使用している。

 

Q6、次に紹介する職人への質問やコメントをお願いします。

※次の職人は、塗装職人の大沼さんを予定しています。

「大沼さんは塗装場に居ないで張場に居たり、特注をやったりとか手薄なところの職場の応援・・・って言っていいのかな? 基本的にいろんなね、塗装もできるし、張りも、裁断機も使って、オールマイティ―に作業をしてくれてますよね。」

北本さん自身もオールマイティーになりたいなと笑いながら、

「健康に気を付けて、もっといろんな職場を手助けしてください。」 と優しいコメントでまとめてくれた。

 

前回の張り職人の若松さんが北本さんの印象を「笑顔が素敵」「明るくてみんなが元気になる。」と言っていたと伝えたところ・・・

「困ると笑っちゃうんですよね(笑) なのできっといつもへらへらしてる。常に困ってるんだね~(笑)  そう思ってくれてありがたいです。」

と照れながら答えてくれた。

そこでインタビューは終了したが自分の発言を振り返って「なんか、おかしな人って感じですよね(笑) せめて趣味は読書ってしとこうかな(笑)」 と場を和ませてくれた。

お支払い方
銀行振込・クレジットカード決済
送料について
北海道から関東まで送料無料!
それ以外の地域への送料はこちら
ご注文の流れ
ご注文日から約30日前後のお届けとなります。
お急ぎの場合は、最善の努力をさせていただきますので、ご相談ください。
返品・キャンセルについて
弊社責任による破損、製作の不備等が生じた場合は、返品・交換いたします。